ピルは生理痛の緩和にも役に立つ!

男性と女性が性交渉をすることで、妊娠をする可能性があります。
性交渉自体は愛情を確かめ合う手段として優れたものになります。
しかし、妊娠をすることで嬉しい気持ちになるカップルとそうでないカップルがいることは確かです。
結婚をすることができない状態や経済的にも精神的にも肉体的にも子供を産み育てることができない人たちは子供ができないようにするために避妊をしていくようにします。

日本では避妊をするといってもコンドームの使用が一般的ですが、最近では欧米の習慣としてピルを服用するという女性も増えています。
ピルを服用することで、女性ホルモンにさらに取り込むことができ、体内のホルモンを調整していくことができます。
正しい服用をすることで100%に近い避妊効果が見られます。

ピルには避妊効果だけでなく、違った使い方をすることもできます。
ピルは生理周期を28日間に固定することができます。
女性ホルモンを調整していくことができるので、重い生理痛に悩んでいる人でもそれを解消することができます。
個人差がある生理痛でも子宮内膜が厚くなりすぎない段階で生理になるので、出血量が多くならずに生理痛を緩和させることができるようになります。

他にもピルにはいろいろな効果があります。
ピルを服用することで生理に関する悩みやストレスなども軽減されることになるので、ニキビが減ったり、肌がきれいになるなどの効果も見られます。
また、子宮内膜の増殖を防ぐことで子宮内膜症や子宮筋腫などの症状を緩和させることができるようになりますし、年を重ねた時にホルモンバランスを整えることができるので、更年期症状や骨粗しょう症の予防にも効果があります。
また、最近は月経の前におりものが増えたり、体が冷えたり、ニキビができたり、イライラするなどのいつもと違う心身の症状が現れる月経前症候群が大変だという人も多く、そういった症状の緩和にも役立つということでも注目をされるようになっています。

ピルで生理周期をコントロールすることも出来る

ピルというのは女性ホルモンが配合された錠剤を服用することで、体内のホルモンバランスを整えることができるようになっています。
それぞれの時期にホルモンの異なる錠剤を飲むようにして、生理周期を28日に固定することができます。
また、この低用量のピルでは28日間服用するものと21日間服用をして7日間休薬をするというものがありますが、28日間服用型ではラストの7日はホルモン剤が入っていないので、ともに同じような働きをするものになります。

この仕組みを利用して、生理周期をコントロールすることもできます。
ピルの飲み方を工夫していくことになります。
生理を早めるには、ホルモン剤の入った錠剤の服用を短縮したり、休薬を短縮したりすることで生理をずらすことができるようになります。
逆に生理を遅らせたいというときには、低用量ピルだけで調整をしていったり、中用量ピルを飲み継いでいったり、休薬を延長していったりする方法もあります。

生理周期をコントロールすることで、旅行や海水浴などに備えることができたりします。
特に修学旅行や新婚旅行などで生理があたらないようにして、旅行を楽しむことができるようになります。
日ごろから生理をずらして快適な生活を送ることができるようになるのです。

このように、ピルというのは避妊の効果ということで知られる薬ではあるのですが、それ以外にも様々な年の女性の症状の改善にも効果的であるものなので、自分の体調に合わせて上手に使っていくようにします。
生理の際には月経前症候群、生理中には多量の出血による生理痛を緩和できるものとして、さらには婦人科系の病気や更年期の諸症状の改善にも効果がありますので、知っておきましょう。

皆さんは正しい避妊の知識はありますか?避妊方法は複数あり、避妊方法の数だけ、メリットやデメリット、リスクなどがあります。今回はピルに関する避妊方法を中心に、様々な視点から避妊について考えてみたいと思います。