避妊に失敗したらアイピルで妊娠を回避する

健康な男女が性交渉をすることで妊娠をしてしまうこともあります。
結婚をしているカップルや将来的に一緒になるつもりである人たちなら嬉しい気持ちになるのですが、誰もがそのような状態ではありません。
先のことをまだ考えることができない段階で妊娠をしてしまうと、出産をするという選択をすることができないこともあります。
ですから、そういった事態にならないようにするためにも性交渉をする際には避妊をしなければなりません。

避妊といっても日本では男性が主導で行う避妊法が一般的です。
しかし、避妊に失敗をしてしまうこともあります。
低用量のピルなどよりも失敗率が高いので、常に油断をしないように気を付けるべきなのです。

もしも避妊に失敗をしてしまったら、妊娠をしてしまったかもしれないということを考えておくべきです。
望まない妊娠をしてしまうと中絶をしなければならないこともあります。
それを回避するためには緊急用の避妊薬を服用するという方法があります。

緊急用の避妊薬というのはアフターピル、モーニングアフターピルなどともいわれており、性交渉のあとで妊娠の可能性がある場合に72時間以内に服用することで、できてしまった受精卵を子宮に着床させないような効果のある中程度の女性ホルモンが配合された薬になります。
72時間以内にはなっているのですが、性交渉から早ければ早いほど妊娠を防ぐことができる可能性が高まります。

アフターピルにはいろいろな種類があるのですが、世界的にも有名で副作用が少ないのがアイピルになります。
これは婦人科や個人輸入の通販などで手に入れることができます。
アイピルの成分であるレボノルゲストレルは日本でも認可されており、ノルレボ錠としても知られているものです。
しかしながら、中用量のホルモン剤であるために少なからず体には負担がかかります。

その副作用として挙げられる症状としては、不正出血や吐き気、頭痛や下腹部の痛み、悪心などになります。
嘔吐を抑えるためにも食後の服用がいいとされています。
通常、このような副作用は、服用してから1日2日で収まるものです。

アイピル(アフターピル)の服用における注意点のまとめ

アイピルはノルレボ錠で2錠飲むべきところを1錠に凝縮されているアフターピルになります。
ですから、性交渉のあとの72時間以内に水か白湯で服用するのが正しい飲み方になります。
しかしながら、72時間というのは受精卵が着床をする際どい時間であるため、できるだけ早く服用したほうがいいとされます。
ですから、性交渉をしてから婦人科を受診して処方をしてもらうよりも常備しておくほうが安心です。

アイピルの飲み方でよくある間違いとしては、ヤッペ法や通常のノルレボ錠と勘違いをして、回数やタイミングを間違えてしまうことがあります。
アイピルは72時間以内に1錠服用だけでいいので、多量に飲んだり、数回に分けたりする必要がありません。
また、自分で効果があるように調整をして多量の服用したからといっても避妊の効果が高くなるわけではないですし、逆にアフターピルは強い薬なので体に負担がかかります。
ですから、決められた量を服用することを守りましょう。

女性ホルモンが配合されているピルには、血液を凝固させる働きがあり、それによって血栓ができることもあります。
ですから、心臓や循環器に影響がある場合もあるので、注意が必要です。
特にヘビースモーカーの人や血圧が高い人では必ず専門医に相談をしてから服用する必要があります。

緊急用のピルというのは妊娠をしてしまうと困る状況の人にはとても頼りになる薬です。
しかし、副作用や服用の仕方などの正しい知識がないと危険性もあります。
ですから、きちんと知識を持って正しく服用していくようにしましょう。
アフターピルは避妊をする際のメインのアイテムとして使うのではなく、緊急用のアイテムとして捉えて、普段は他の方法で調整していくことが大切です。

皆さんは正しい避妊の知識はありますか?避妊方法は複数あり、避妊方法の数だけ、メリットやデメリット、リスクなどがあります。今回はピルに関する避妊方法を中心に、様々な視点から避妊について考えてみたいと思います。